カメラを持った魔女 のリハな日々

アクセスカウンタ

zoom RSS 魔女の日々 イブランス+フェソロデックッス 6クール目です 副作用のあれこれ 

<<   作成日時 : 2018/08/15 23:09   >>

ナイス ブログ気持玉 16 / トラックバック 0 / コメント 0



言葉の贈り物



「 まあ いいや」と

     全てを受け入れる




自分で解らないことは、放っておく

本当に大事なものは、実は少ないというのが私の実感です


「あの世から戻ってきた人はいないから、たぶんあの世はいいところなんじゃないの」と、笑い飛ばしている人がいます
ここまでくると「達人」の域ですね


病気を抱えている人はあれこれと考えがちで、考えているうちに心身がうつむき加減になってきます


そんなことにならないためには、自分でわからないこと、解決できないことなどは放っておけばいいのです

まったく困りませんから
              

今日という日の花を摘む    樋野 興夫

     

画像
(東京スカイデッキより)
    
  東京タワーよ 元気かい?

スカイツリーが出来ちゃって
 
2番目になっちゃったね

いいのかぃ? 

甘んじて2番ってか!

今日の言葉の贈り物と同じ

「まあ、いいや。。全てを受け入れる」

じつわさぁ 魔女も同じ気持ちだよ

「まぁ いいや 全てを受け入れる」って。。 

お互いこれって

とってもらくちんになったよね

                        
                     byコケ魔女


六本木ヒルズ東京スカイデッキ魔女の写真館




画像
<副作用?って>

ジキルとハイドのコケ魔女です

また書くのが遅れてまとめるのも至難の業 

イブランスとフェソロデックスの治療はまだあまりブログにも書かれている割合が少ないので頑張って書いておかなくちゃと使命感に燃えております

なんちゃって かっこつけてる場合じゃありません

けっこうガタガタやで〜〜〜われ


今日は副作用について書いてみました
あまり魔女の場合は参考にならないかもしれません


抗がん剤や服薬など癌の治療中においては副作用が必至ですが
今、自分に起きてるこの状態は一体何が原因?


日替わり、時間差、朝、昼 夜によっておこる変化があり
それは突然におこったり、万年調子がおかしかったりで
掴みがたい


もともとの転移や再発の部位や状態にもよるであろうし
副作用自体の強弱もあるであろうし。。
ホントに掴みがたいですね


抗がん剤の治療をされている方のブログに圧倒されることばかり
みんな頑張っている


辛いよね。。癌になったことだけでいっぱいいっぱいなのに
治療の辛さが輪をかけてくるんだもの。。


薬は内臓にも負担がかかっているし
そればかりではなく脳にもだし。。


マジっすか? 
この頭、薬のせいだわ〜〜


というわけで魔女においてはこれは副作用?
これがイブランスの副作用ですってはっきり言えることもできずにいます


今はイブランスとフェソロデックスの2本立てだから
どっちの副作用なのかも定かでなくて。。


たくさんの不愉快な状態を満喫しております



<フェソロデックスの副作用とは?>


疼痛、硬結、ほてり、関節痛、悪心、注射部位反応、出血、血腫、膿瘍、おくび、便秘

重大な副作用
肝機能障害、AST上昇、ALT上昇、Al−P上昇、ビリルビン上昇、肺塞栓症、深部静脈血栓症、血栓塞栓症、血栓性静脈炎

上記以外の副作用
下痢、消化不良、嘔吐、頭痛、眩暈、感覚異常、不眠症、適応障害、気分変調、高血圧、背部痛、筋肉痛、筋骨格硬直、筋力低下、筋骨格痛、骨粗鬆症、骨痛、発疹、皮膚そう痒症、多汗症、脱毛症、過敏反応、蕁麻疹、無力症、発熱、浮腫、呼吸困難、高トリグリセリド血症、高コレステロール血症、食欲不振、卵巣腫大、乳房不快感、膣出血、貧血、血小板数減少、白内障、耳不快感、坐骨神経痛、鼓腸放屁、腹部膨満、嚥下障害、流涎過多、腹痛、狭心症、骨折、重感、爪痛、咳嗽、鼻出血、間質性肺疾患、高血糖、乳房痛、外陰膣そう痒症、尿路感染、インフルエンザ、インフルエンザ様疾患、腋窩痛、非心臓性胸痛、眼乾燥、膣感染、胆石症

               ( 副作用 ネットより検索)



うわ〜〜〜〜今更ながら 恐怖!




<イブランス 副作用>




<血液細胞の減少>

イブランスは、正常な血液細胞にも影響を及ぼす可能性があります

そのため、治療中は、白血球や赤血球、血小板などの血液細胞の数が減少することがあります

血液細胞の数が減少すると、感染症にかかりやすくなったり、貧血や出血が起こることがあります


<白血球の減少>

白血球の中でも、「好中球(こうちゅうきゅう)」という血液細胞は、病原菌からからだを守り感染症を防ぐ重要なはたらきがあります

健康な成人の場合、好中球は血液1μL(1mm3)中に2,000個以上あります

好中球の数が1μL中に1,000個以下になると、抵抗力が低下して感染症にかかりやすくなると言われています

さらに、その数が500個以下になってしまうと、病原菌が血液中に入り込んで、重篤な感染症を起こす可能性があるので、特に注意が必要となります


<赤血球の減少>

赤血球は全身に酸素を運ぶはたらきがあります

赤血球が減少すると貧血になり、めまいが起きたり、動悸がしたり、頭が重たいなどの症状があらわれることがあります

疲れを感じたら、無理をせずこまめに休むように心がけましょう

また、良質のたんぱく質や鉄分をとり、栄養状態をできるだけ良好に保っておくことも大切です


<血小板の減少>

血小板は出血したときに血液を固めるはたらきがあります

血小板が減少すると出血しやすくなります

治療中は、からだを強くこすったり、ケガや転倒などをしないように気をつけましょう


       

主な副作用として、脱毛症、疲労、口内炎、吐き気、関節痛、貧血、感染症、ほてり、下痢、無力症、発疹などが報告されています

このような症状に気づいたら、担当の医師または薬剤師に相談してください

下記のような症状があらわれ、[ ]内に示した副作用の初期症状である可能性があります

このような場合には、使用をやめて、すぐに医師の診療を受けてください

貧血、発熱、出血・青あざ[骨髄抑制]

以上の副作用はすべてを記載したものではありません

上記以外でも気になる症状が出た場合は、医師または薬剤師に相談してください

              (検索 副作用 ネットより)


  ぎえええ〜〜〜 輪をかけて。。凄


魔女よ、立ち上がれ! たちむかうかうのだ!


ざざっとこんなものですが 如何でしょう

さてここでクイズです

今 魔女に起きている副作用はど〜〜れ? 

ほぼ ほぼ全部ですw なんてね




<魔女の副作用 その1>


冗談はさておき 細切れの副作用出現は分りずらいですね

解ったところで重篤な症状以外は
ほぼやり過ごすことになりますものね


<白血球 好中球>

イブランスの副作用には白血球の低下がありますが
ほとんどの人が低下するようです

それでは白血球の基準値や役割とは?

検査値の達人さんの記事でより詳しくお勉強させて頂きましょう


通常は4000〜9000と範囲が広いですねぇ


<魔女の場合>

1600〜3000の間の白血球の低下に
好中球も心配ない状態です


といっても通常は4000〜9000あるべき数値からしてみれば1600〜3000は低いですが、主治医に言わせるとイブランスにおいては1500がアンダーラインとか。。


お陰様でこの治療を受けられてている方たちからは羨ましがられる魔女の数値だと思います


数値が低くなってしまい薬の量の調整や休薬を余儀なくされる方も多くて、なかなかすんなりとはいかないようです

とはいってもそのせいでしょうか。。魔女にもこんなことが。。

足にできたちっちゃな掻き傷が痛み、炎症まで起こしてしまい、なかなか治らず困りました
やっと現在どーにか治まってきました 
3か月くらいかかっています

毎日傷にステロイドの軟膏をつけ今もガーゼと絆創膏で処置しています
訪問看護師Sさんの的確なアドバイスがあってほぼ良くなってきました



<魔女の副作用 その2>

もともとが見える部位の炎症や潰瘍や浮腫がある魔女の場合は痛みや痺れが日常的にあるので、副作用が余計に掴みにくいです

一言でいえば 決して身体が軽やかになっていない!

体重のことじゃないよ

状態が重くなってる感じ。。悪くなってるような感じすらあるのです

イブランスさま〜〜おたすけを〜〜


<イブランス効力?>

確かに両脇のしこりが小さくなって効いてる
それは嬉しいことです

これもすぐに効いたわけではなく効き目が表れるまでには時間がかかりました

確かイブランス2クール目の休薬期間中でした

左脇の露出している大きな腫瘍が少しずつですが山を崩すように小さくなっていきました

驚きの声をあげたコケパパ看護師でした

左がほとんど平らになっても右の脇は小さくならず
これがイブランスの限界?と諦めかけていた頃です

2か月位の時間差がありましたが小さくなってきたではありませんか!


ちょっと残念なことには左脇のように平らにはならず
少しだけ大きさが小さくなったくらいでしょうか

しかしあの時効き目が無いとあきらめていたら。。
と思うとぞっとします
 
待ってよかった

薬の効力は焦らない方がいいのかなって思いました



<しかし左の胸には効いていない?>

魔女の再発転移は自分でも思ってもいなかった方向へ進んでしまい
今も対処の方法が解らないのです

薬への耐性ができ、効力が弱まって次々腫瘍が増殖

始まりは昨年の秋からのことでした
まだ新しい記憶の中です

もともと再発転移でしこりがあり 痛みや痺れはあったものの
どーにか普通に日常生活はできていました

そのうえリハビリを兼ねてジムでバレエを踊って遊んでいました

未来を信じてね

でも。。顔の中の耳の後あたりにできた腫瘍で顔面麻痺
その結果、左目を失明してしまいました

見えるようになるには角膜移植が必要のようです

それから。。

左胸に(初発の癌で温存手術で元気な胸でした)
ニキビのような赤いポチポチを発見しました

蚊に食われちゃった〜とポリポリ掻いてしまう程の発赤でした

ポチポチが増えてきたなぁ 
で、せんせーに診察していただきました

せんせーはちょっと驚いた顔になりました

乳管にあるしこりが皮膚へ出てきたということで皮膚転移状態だということです

あっという間に数が増え あの赤いポチポチがどんどん大きくなってケロイドのようになって広がってきました

まるで侵略者のアメーバーようです!

思いもよらない展開に驚きが隠せません

しこりは顔面や首や胸や。。鎖骨上下、

胸全体にはいったい幾つ?

多分50個は超えているしこりの数

せんせーも魔女も数は言わず、聞かずです

10年前の転移でも同じように鎖骨上下に40個以上

今回はそれ以上の数と言われました

魔女の癌はリンパを占領する癌の様です

かなりしぶといやつらです

なずけて アメーバー軍団!
画像  
しかしその炎症中の左胸は今のところイブランスの効き目が全くないようです

コケパパ曰く 「もっとアメーバーが広がっている」と。。

せんせー曰く 「癌の種類が違うようだね」と。。

 魔女は密かにもう少し時間が経つと、アメーバーたちは降参するのではないかと待ち望んではいるのだが。。


<痛みや、痺れや、浮腫み>

腕の付け根(肩と腕の関節辺り)がまるで軽い脱臼のような感じです

腕の浮腫みはやや治まったかなと思ってもすぐに現われてきます

それは手のひらまで膨れてしまい手が握りずらく腕は固く膨らみます

痛みも起きて痺れています 

かなり痛くて泣きたくなるほど

夜には再びしっかり太く固くなってしまいます

重症にになると専門的なリンパマッサージが必要ですが
訪問看護師さんとコケパパにマッサージしていただいたり
オーダーした浮腫用サポーターを着用することで少し楽になりました

水分の浮腫みとは違って複雑な液の浮腫みなので対処がデリケートです


腕や肩が固まり上半身が動きません
全くうごかないわけではないのだけど、動かすことで腫瘍が擦れたり、炎症部分の傷に当たり痛みで顔が歪みます
輪をかけて顔が歪みます(笑)  

何もできないような状態。。

唯一PCだけはOKです

今だ!ブログ作戦だ!記録しよう!

それでも細切れに動かないとエコノミー症候群になってしまいそう。。

今の魔女は全く魔女らしくな〜い


QOLがめちゃ低い〜〜


かなり気力がダウン。。

実際 ここまできちゃったかぁって感じです

なんとかなるのかならないのか。。先が見えません
もう引き返すことはできないのだろうか。。

だって昨年の秋口までババリーナーで踊っていたんだもの

ババリーナがリハビリーナしたおかげで今、歩くことができているのが救いです

通院ができる足腰が魔女を支えてくれています

しかし早すぎる展開に心が付いて行かず苦しい日々が続きました

今やっと全てを受け入れて深呼吸をしています

ゆっくりとね 行けるとこまで行こうと思っています



画像

<コケパパの気持ち>


魔女の気持ちを受け止めてくれてるコケパパ

今、言い表せないくらい感謝でいっぱい

魔女のブログだから魔女中心に書いているけど
この記録の半分以上、もっとかな。。

コケパパの介護記録のようなものです

看護師になったり介護士になったり医者になったり主夫になったり、そのうえお仕事だってこなしたり。。

もうとてつもない神対応のコケパパです

魔女は神さまに拝みっぱなしです

そして早いものですね

イブランス+フェソロデックスは6クール目に突入です

凄い!の一言です



<お家で緩和ケア?>

今月から訪問診療が追加され自宅での緩和ケアの基盤が整いました

介護認定もしっかり受け、介護ベッドがやってきました

寝心地抜群!

訪問看護師さんの力強いサポートで魔女もコケパパも多いにサポートされてます

そんなこと あんなこといっぱい書きたいこともありますが先ずは順を追って8月の記録を書いておくことにします

って言うわけで相変わらずの長い記録になってしまったので今回はちょっぴりお疲れモードになってきてしまいました

それではこの辺で。。

画像画像
画像


         

残暑 お見舞い申し上げます

   
   まだ暑い日が続きます

   お身体ご自愛くださいますように




8月18日 追加記事

今朝 左の腕の浮腫みが熱を帯び蜂窩織炎とのこと

これから病院へ行くことに成りました 少しの間治療が必要かもしれません

ブログ再開までしばらく。。。よろしくお長居します
        

画像ページを表示します


  訪問ありがとうございます
  魔女の備忘録として書かせて頂いていますので
  コメント欄、気持ち玉はありません  
  宜しくお願いします


  魔女の花図鑑 開業中
 

P.S
ともに乳がんで治療中の多くの方へ
そして女性の癌の中で1位と言われる罹患率の乳癌
魔女の拙い記事がお役に立てればと 
ブログ村への参加をさせて頂きました




にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村


にほんブログ村 病気ブログ 乳がん ステージ3・4へ
にほんブログ村





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 16
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
魔女の日々 イブランス+フェソロデックッス 6クール目です 副作用のあれこれ  カメラを持った魔女 のリハな日々/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる