カメラを持った魔女 のリハな日々

アクセスカウンタ

zoom RSS ステージWの魔女の日々 イブランス+フェソロデックス 4クール目突入

<<   作成日時 : 2018/06/16 13:04   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0



言葉の贈り物

 
  砂時計を見ていると


   時間の大切さに 身震いがする




画像




身にまとった  ガラクタを脱ぎ捨てれば

本当の自由を手にすることができる




私は60歳代以降の人には 自分のことと同じくらいに、人のことを考えて欲しいと思います

それが結局、自分の人生を真剣に考えることになるからです





                        

こんな話を聞いたことがあります

一人住まいの老いた父親とあまり付き合いの無かった息子さんですが、その父親が亡くなったとき「通夜 葬儀の参列者はほとんどいないだろう」と多寡をくくっていました


ところが当日200人を超える方々が集まってくれたそうです


福祉関連のNPOの関係者、施設に入っているお年寄り、質素な様子の母子、身体の不自由な子供たちなどが涙を流しながらご焼香をしてくれました。そのいくつもの姿に、息子さんはもらい泣きしたとか


その80歳を超える男性は退職後、地域に住む人々への奉仕を十数年にわたって続けていたそうです

そして、たくさんのプレゼントを残して旅立ったのです

「父が地域で、そんな活動をしているとは全く知りませんでした
見事な生涯だったのですね」と語っていました


    今日という日の花を摘む  樋野 興夫著より抜粋












画像画像
画像
  






   ステージWのリハビリーナ魔女の日々





<魔女の秘密の部屋>


訪問ありがとうございます
画像    


魔女の「秘密の部屋」です

ジキルとハイドの小部屋なんですよ〜〜〜

いつもの万年の痛みや痺れに加えてさらに
痛みが加わり、ロキソニンを飲んで一休み
こんな日々が多くなって。。落ち込んでしまうことも多くなって。。
元気と落ち込みとがまるでジキルとハイドのようです


さてさてジキルとハイドの日々を送っているコケ魔女ですが
現在イブランス+フェソロデックスでの治療をしています


まだ新薬の域にある治療薬のせいかこの治療の流れに感心が注がれているようです

魔女の拙い記事にも多くの方が訪問されているので、参考の一つにでもなればいいかなとここは詳細に書かねばと思っています



<魔女の現在の状態>


魔女の癌は只今3か所が炎症中です
両脇と左胸全体。。
癌が皮膚を破って現れ両脇が炎症してしまいました

癌が顔面にも転移し目の手術を受けることになり、そこでの入院中に両脇の癌が破裂してしまうというハプニングが起こってしまったのです

次には初発に手術した左胸にポツポツと発赤がおこり、見る見るうちに広がって炎症性乳癌のような状態になってしまいました。
今更何故?と驚くばかりです

今まで腫瘍の数はいっぱいあったもののおとなしくしていてくれた癌だったのに。。
昨年の秋からの一気に起こった現象にタジタジです
3か所がこうして炎症中ですがそれに加え


癌は個々の人によって様々な転移の仕方があるけど、
魔女の場合は上半身に多発過ぎる癌が広がり、
リンパ管中が癌に埋め尽くされているような状態になってしまったようです。。

以前に転移した時(10年前)には30〜40個のしこりが出現してしまい
「多発性リンパ節転移」とカルテに記載されていました

今回はCT検査の結果から、主治医からは「あの頃以上の数だよ」と。。
申し訳なさそうに告げれ。。もう魔女はそれ以上の結果、は聞くことをやめてしまいました(笑)
あまりの多さに生きた心地が無かったもんですから。。

魔女の癌歴も20年に及びます
初発から10年後の転移。。
癌を忘れかけ、忘れようとした頃のことでした

長い付き合いだよねぇ
こんなことで長い付き合いだなんて。。嬉しくもないけどねぇ
どんだけ副作用と痛みに耐えてるんだか。。

10年前の転移には痛みと痺れで泣きっぱなし。。

もうダメかもって思う時も何度かあったけどそのたびに生きることを選び 若さもあって、必死に行動するだけのエネルギーがあった

自分なりの健康法を考えたり生み出したり試行錯誤しながら多少なりとも実践したおかげなのか、功を為してなのか、ここまでこれたと自負してるんだけど

初発時はスタンダードに、外科と抗がん剤と放射線の3点セット

転移しやすい状態ではあったのですがなるべく最小限の治療で過剰な治療はしないようにシンプルを心がけてきました。。が、左の脇のリンパ節にシコリガ現れ、転移が始まり、頸部の皮膚転移が現れ、見る見る間に鎖骨上下に無数のしこりに覆われてしまった

ホルモン剤のおかげでしこりの数も減ったり増えたりを繰り返しながらもゆるりと治療が効しているようでした

しかし痺れや軽い痛みや浮腫の後遺症をしっかり残してくれて、おかげでリハビリーナ魔女に変身することができました。あるときはカメラ魔女。あるときにはダンサー魔女にです

それでも今まで呑気にホルモン剤で頑張れていたのですが、癌はゆっくり増え続けるの止めず、ここにきて威力とスピードを上げる始末
きっと薬に耐性ができてしまったんでしょうね

なんだかしぶとすぎるよね
ったく癌はなに考えてるんだか。遠慮もない不気味な奴だよ!

魔女も癌に好かれるような行いや食事や心の在り方や。。
癌になれば誰だって自己を責めたり悔いたり。。
癌に選ばれしものの尽きることのない懺悔の日々が続く

でも、もう後悔や懺悔や責めることはやめた

日々を笑顔で生き抜く

今はこれだけ

笑顔とシンプルがすべて!

そういえば明日は父の日

コケパパには笑顔をプレゼント。。

ありがた迷惑かしらねぇ






画像


<今という日々のこと>

★現在は2週間に一度の乳腺外科への通院
(血液検査とイブランス+フェソロデックス筋注)

★そして週に一回の訪問看護を受けています

★ええっとそれに月1回の眼科通院

結構通院でも忙しい日常を送っています。。

忘れてはいけませんね 
一番忙しいのはコケパパでした

ガーゼと絆創膏で炎症部分を覆ってもらっています
左目失明中の為の点眼、軟膏投与
あげればキリの無い介護の数々をしていただいて。。
自宅での緩和ケアをも一手に引き受けてくれています

ありがとう コケパパ

笑顔の魔女をプレゼント

やっぱりお笑い魔女の方が似合ってるかな




<6月4日(月)通院記録>

お話は遡ります

コケパパとの通院デートでした

乳腺外科外来への通院日でした

4クール目のイブランス125mg+フェソロデックス筋注予定

先ずは血液検査をこなし乳腺外来へ突入

 ありゃりゃあ〜月初めの月曜日だからでしょうか外来の患者の多さにガックリです

11時半の遅い予約の上に待つこと一時間15分

待っているとせんせーの助士Mさんががいつも声をかけてくれます

「気分はどおですか?」
 
「どうにか大丈夫ですぅ。。」(><〉:

何しろ魔女は何処でも倒れこみそうな雰囲気が最近漂ってる(笑)

以前に倒れこんでしまいベッドに運ばれて寝てしまったたもんですから。。

助士Mさんは様子見が欠かせません。。

いつも優しい心遣いありがございます

おかげで倒れず待つこと待つこと。。

そして13時近くに呼ばれました

待ち疲れでーす

病人は病院に行って病人になるですね



ドク「魔女さん どーですか?」

魔女「待ちくたびれました〜〜〜」

「調子は?」

「左腋(わき)は随分小さくなってきたとコケパパが申していますが。。
  確かに小さくなっているけど痺れは変わらず
  右はほとんど変わらず、胸は紅い発赤がつぶれて広がって固いまま
  痛みが急激に起きることがあって、ロキソニンで対処ですぅ」

いっきにまくしたててしまいました

せんせーにとっては薬が効いてくれて癌が小さくなったり、消えたりしてくれることが一番の願ってることだから
副作用や痛みや痺れについては患者がどのように困っているかにはあまり関心が無いものです

魔女にとっては腫瘍の縮小は経験上大きな期待はしていません
日々痛みが無く日常を送れることの方が嬉しいのです

散歩に行ったり、お風呂に入ったり、家族や友とお喋りしたり、お食事したり、ショッピングしたり。。

今はどれ一つ自分でできません
少しずつできないことが増えて残念

炎症部分の痛みや痺れや関節痛や失明や、顔面麻痺やら。。
盛りだくさんの症状で手を借りながらゆっくり暮らしています

「せんせー 白血球どおですか?」

「2600だよ!白血球も横ばいで下がらずだし。。
   今、このイブランスが効いてくれてるから頑張ろう!
   次回は血液検査はなしで残り一週間分の薬を続行しよう」

コケパパ同様コブシを上げて⁅えいえいおー」のせんせーです
コケパパも「やったー」の嬉しい表情です

本日は

お尻に2本のフェソロデックス
125mのイブランスを2週間分
そして4クール目に突入出来ました!


一度も回避することなく順調にここまで来ました
かなり強引で手荒さもみえるけど(笑)

白血球は横ばいと言っても健康な普通の人よりも低いせいなのか右足の掻き傷がなかなか治りません

結構いろいろ意事項があって大変なこともあるけど

まっ 元気!ってことでいいっか!  そだね

今日もお尻の注射はいたたたた〜でした

帰り際にせんせーに聞いてみた

「せんせー 死を迎える時って どんな状態になるの?」

「身体が癌に負けると ある日を境に どんどん落ちていくんだよ。。」

そっかー ある日があるんだね

聞いたことがある言葉だけど”悪液質”ってことかな?

ここからはもう元には戻れない。。。って聞いた

今日もせんせーはきちんと魔女のシビアな質問にも明るく返事してくれた。。

せんせ、ありがとうございました



いそげ〜 

コケパパはお仕事があるからね

会計を済まし、薬を頂き 駅に急げ〜

お家に帰って 遅いお昼ご飯を頂き、コケパパはお仕事へ 

もう父の日ですね


ありがとうコケパパ 

あなたのおかげで こんな素敵な日々を頂いています


そして父の日のお祝いを魔女からも


皆様の日々のご健闘があってこその 家庭と社会です

ありがとう お父様の皆様 



画像


本日もご高覧ありがとうございます

魔女の備忘録ですのでコメント欄は閉じさせて頂いております

お花の図鑑を書いています

時間があったら覗いてみてくださいね


魔女の花図鑑 開業中

 


P.S
ともに乳がんで治療中の多くの方へ
そして女性の癌の中で1位と言われる罹患率の乳癌
魔女の拙い記事がお役に立てればと 
ブログ村への参加をさせて頂きました




にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村


にほんブログ村 病気ブログ 乳がん ステージ3・4へ
にほんブログ村





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 7
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ステージWの魔女の日々 イブランス+フェソロデックス 4クール目突入 カメラを持った魔女 のリハな日々/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる